• facebook
  • Tweet
  • youtube channel

CONCEPT

コンセプト

既存プロダクトにAIロボットの概念を加える Patin(パタン)とはフランス語で「スケート」を意味します。ロボットの魅力のひとつは移動する機能であるという事。家電や家具といった既存プロダクトにロボット化したスケート靴を履かせたら新たな人工物が生まれるのではないか?
この発想をシステム化したのがAI(人工知能)搭載の自走式ロボットプラットフォームです。

PatinはAI(人工知能)を搭載し、自律移動する台車型ロボットです。照明や植栽、コミュニケーションインターフェイスなどの役割を持つ「サービスユニット」を上部に載せて利用します。サービスユニットは利用シーンや目的によって付け替えて使用することができ、サービスユニットの数だけ使い方が広がります。

また、PatinのAIが周囲の環境を観察・判断しながら移動し、サービスユニットの要求に応えるなど連携して自律行動を行います。

既存のプロダクトをPatinに載せる発想で、人の動きに合わせて“考える照明”や、“考える植栽”が生まれ、新しい生活の景色が生まれる。この「既存機能の自律移動化」がPatinのコンセプトです。

  • DEVELOPMENT

OBJECTIVE OF DEVELOPMENT

開発目的

ロボット開発のハードルを下げ、家庭用ロボットを普及する Patinは、AIを搭載し、自律移動する本体部分に「サービスユニット」を接続するためのインターフェイスを設けています。
Patinを自律移動型ロボットのプラットフォームとして提供することで、ロボット・プロダクトのアイデアを持つサードパーティ各社は自律移動機能やAI開発の労力をかけず、家庭用ロボットをつくることが可能になります。

Patin SDKとして、Javaでの簡易的なAPI、Eclipseプラグインを用いた開発ツールおよび、オープンソースシミュレータを開発者へ提供いたします。これにより、PatinやPatin内部で動作するROS(Robot Operating System)への深い知識がない開発者もソフトウェアを開発する事が可能となります。

この仕組みにより、ロボットの製品開発への参入ハードルを下げることができると考えています。
また、SDKやシミュレータなど、サードパーティ開発者のための技術サポートを提供する予定です。これにより、一社、あるいは個人単位といった小規模な開発者でも、プラットフォームを介して開発に参加できるようになります。加えて、開発者が相互に助け合うことのできる環境が整えられることで、多くの人々が家庭用ロボットの普及促進に貢献することができます。
新しいロボット開発の土壌を作っていくこと、暮らしに役立つ家庭用ロボットの普及を促進する事をPatinの開発目的としています。

SYSTEM

SYSTEM CONFIGURATION

システム構成

Patinは、Patin本体、各種サービスユニット、Patinピット、クラウド(「Patinoire」)から構成されています。
Patin本体には自律移動や、障害物の発見、人の発見等のための各種センサとスピーカー、オムニホイールによる移動機能が搭載されています。
Patinピットは、Patin本体への充電機能と、Patin本体とWi-Fiで接続してクラウドとPatinとの間で通信をさせる機能とを装備しています。
クラウドは、各Patinから集約した行動情報などを蓄積するとともに、Patinの機能更新のための情報発信などを行います。ユーザはウェブブラウザからPatinの蓄積した情報を閲覧することができます。
PatinにはAndroid向けアプリの開発環境と親和性の高いSDKやシミュレータが備わっており、多くのソフトウェア開発者にとって開発への参加がしやすい環境が提供されています。

仕様・搭載物(プロトタイプ)
寸法:
縦:330mm/横:342mm/193mm
OS:
Linux(本体、ピット)
開発フレームワーク:
ROS
駆動系 :
オムニホイール、4輪駆動、DCモータ
バッテリ:
リチウムイオン電池
主CPUボード:
JetsonTK1(本体)
カメラ・センサ:
深度カメラ、熱画像カメラ、単眼カメラ、落下防止センサ、バンパスイッチ、マイクロフォン、移動量センサ、障害物検出用センサ、赤外受発光、3.5インチディスプレイ、スピーカー
外装素材:
ガラス入りナイロン(粉末造形)
通信インターフェース:
Wi-Fi(本体-ピット間)、Ethernet(ピット―クラウド間)、専用通信IF(サービスユニット―本体間)
DESIGN

※最新の外装デザイン。技術進化に伴い現在はこのデザインで開発を進めております。

DESIGN

デザイン

Patinのデザインは基本コンセプトの「スケート」から構想しています。
滑らかに弧を描く美しい平面移動体。家庭用ロボットとしての寸法。サービスユニットとの連結に耐えうる構造体。
様々な場面での違和感のないプラットフォームとしての在り方等を考慮し、機能と使用環境との親和性に配慮しました。
Patin本体の無駄のない動きを実現する為に、車輪にはオムニホイールを採用しました。
これにより車輪本体の回転(前後の動き)と車輪の円周上の樽型ローラーの回転(左右の動き) との連動で多方向への動きが得られます。
また、オムニホイールでの動的特徴はロボット本体の中心から360度の回転が可能になります。
この特徴を生かし平面的(上からみると)にはPatinは円形のデザインです。
円形と車輪の配置が合わさった構造体が外形です。
それは、Patin本体、サービスユニット、クラウドと繋がり円環を成して循環している特徴をも表しています。

RECRUIT

採用情報

インターン募集のお知らせ

期間:随時
週当たり一回以上は開発室に出社可能で、遠隔、出社時の両方含めた業務時間が、
週当たり20時間以上取れる方。その他は相談に応じます。

勤務地:東京都内 弊社開発スタジオ

スキルについて

1) 家庭用ロボットのソフトウェア開発者

[必須条件]
- 修士以上の学生の方
- Linuxを触ったことがあり、Linuxの基本コマンドを知っている
- 何らかのLinux系OSの上で走るアプリケーションを作成したことがある
- 英語にアレルギーがない

[あるとよい条件]
- C++やPythonでの開発経験がある
- ROSという開発環境を触ったことがある
- Androidアプリを使ったことがある
- マイコン用のソフトウェアを書いたことがある

2) 家庭用ロボットのハードウェア系開発者

[必須条件]
- 回路CADや機械CADの操作を学んだことがある
- プログラムを読むことができ、既存ソフトウェアの改修などをすることができる
- 週に2回以上は出社可能

[あると良い条件]
- ロボットやそれに近い物を作ったことがある
- ご自身が作られた物を面談時にご紹介頂ける

3) 3DCGデザイナー

将来ロボットデザインもしくはプロダクトデザインの現場で活動したい方。
[必須条件]
3Dstudio MAX か Rhinoceros でデータ作成が出来る方。
3Dプリンタ用データ製作していただける方。
立体模型製作が出来る方 機械設計の知識があれば尚良い。


応募方法
希望ポジションを明記の上、履歴書を下記までメールにてお送り下さい。
E-mail: patin@flower-robotics.com

PRESS RELEASE KIT

プレスリリース

こちらよりプロダクト画像、プレスリリース資料をダウンロードいただけます

プレスリリース(サイズ:972 KB)
http://www.flower-robotics.com/release/140918_FR_PRESS_RELEASE_ja.pdf

画像(サイズ:2.7MB)
http://www.flower-robotics.com/release/140918_FR_PRESS_RELEASE_Images.zip

NEWS

ニュース

2015.10.24
10月24日から11月3日まで神宮外苑にて開催される、『TOKYO DESIGN WEEK』にてPatinを展示いたします。
   

2015.10.1
婦人画報11月号にPatinが取り上げられました。

2015.9.25
チーフサイエンティストの吉海がセミナーに登壇し、AIとPatinプロジェクトについて講演をおこないました。
   

2015.9.25
GetNavi特別編集『いま手に入れたい傑作家電』にPatinが取り上げられました。

2015.8.27
8月27日付 電子デバイス産業新聞に松井のインタビューが掲載されました。
http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=1573
   

2015.8.10
月刊 I/O 9月号にPatinにチーフサイエンティスト吉海のインタビューが掲載されました。

2015.8.3
ラジオNIKKEI Biz & Tech Terminal RN2 にPatinについての記事が掲載されました。  リンク

2015.8.1
モーターマガジン9月号「FRONT TALK」にPatinについての記事が掲載されました。

2015.7.31
映像情報Industrial8月号にPatinについての記事が掲載されました。

2015.6.23
PatinおよびFlower Fair2015について各メディアで取り上げていただいております。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150623_708397.html
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1506/23/news115.html
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/23/512/
http://getnews.jp/archives/1014221
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150623/424621/?rt=nocnt
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1506/29/news055.html
http://thebridge.jp/2015/06/flower-robotics-patin

2015.5.3
ニュースイッチにPatinの記事が掲載されました。
https://newswitch.jp/p/481

2015.5.1
Pen 5月15日号(P35)にPatinの記事が掲載されました。

2015.2.16
Pen 3月1日号(P35)にPatinの記事が掲載されました。
20150216_Pen_Matsui.pdf

2015.2.12
R25 2月12日配布号(P8)にPatinの記事が掲載されました。

2015.2.2
MONOistにPatinの記事が掲載されました。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1502/02/news026.html

2015.1.20
週刊ロビ『ロビクルをつくる』23号にPatinの記事が掲載されました。

2015.1.19
日経エレクトロニクス2月号(P30)にPatinの記事が掲載されました。

2015.1.15
Pen 2月1日号(P11)にPatinの記事が掲載されました。

2014.12.24
エキサイトイズムにPatinの記事が掲載されました。
http://ism.excite.co.jp/digital/rid_E1418962726157/

2014.12.4
事業構想大学院大学出版の月刊事業構想2015年1月号(P30)にPatinの記事が掲載されました。

2014.11.21
サンフランシスコの技術系企業が運営するWEBサイトにPatinの記事が紹介されました。
http://blog.atmel.com/2014/11/21/this-robot-wants-to-add-ai-to-everyday-household-objects/(英文記事)

2014.11.17
IEEE SPECTRUMにPatinが紹介されました。
http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/home-robots/flower-robotics-patin-home-modular-robot?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+IeeeSpectrum+%28IEEE+Spectrum%29(英文記事)

2014.11.12
中小企業ネットマガジン2014年11月12日号の巻頭コラムでPatinが紹介されました。
http://j-net21.smrj.go.jp/e-mag/backnumber/h26/261112.htm

2014.11.1
AXIS2014年12月号(P114)にPatinの記事が掲載されました。

2014.10.30
日経BP社の日経ものづくり2014年11月号に(P88)にPatinの記事が掲載されました。

2014.10.27
日刊工業新聞にPatinについての記事を掲載頂きました。

2014.10.14
オーム社のロボコンマガジン2014年11月号(P71)にPatinの記事が掲載されました。

2014.10.5
日経マガジンスタイルの特集「おいしい週末。」の巻頭インタビューに松井が登場しました。
記事の中でPatinも紹介されました。

2014.10.3
WEB Magazine OPENERSの「NEW PRODUCTS 美しい日用品が欲しい!」にPatinが掲載されました。
http://openers.jp/interior_exterior/product/news_flower_robotics_48592.html?q=patin

2014.9.25 
日経産業新聞にPatinの事業構想についての記事を掲載頂きました。

2014.9.24 
マイナビ・ニュースにPatinの記者会見の模様が掲載されました。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/24/patin/

2014.9.17 
日本経済新聞に記事を掲載いただきました
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=06CF8098BB7549ABBAA8721B07159864

Flower RoboticsおよびFlower Roboticsのロゴマークは登録商標です。
patinのロゴマークは登録商標です。

Back to Top